読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつtime

おやつに食べたいスイーツ、ドリンク、スナックなどの情報を紹介していきます。

桜餅に関東風と関西風があるってご存知でしたか? -おやつtime

今日、銀座三越におやつtimeで

紹介するスイーツを

探しに出かけたら

ちょうど桜餅フェアを

開催していました♪

 

f:id:miyo3:20170319231718j:plain

 

以前、ローソンの桜餅を

紹介した時に、生誕300周年

であることを書きましたが、

そのせいでしょうか

桜餅フェアでは食べ比べが

できるよういろんなお店の

桜餅が並んでいました!

 

www.oyatsu-time.biz

 

そのフェアの告知ポスターで

知ったのですが、

桜餅には関東風と関西風の

2種類があるんだそうです。

道明寺と長命寺の2タイプが

あることは知っていましたが、

関東風と関西風だったとは…!

 

ということで、桜餅の

雑学コーナーです(笑)

 

まずは、長命寺の桜餅。

関東風と言われています。

f:id:miyo3:20170319231718j:plain

見た目通り、小麦粉などでできている

生地の皮で餡を巻いた桜餅です。

これが、生誕300年と言われている

桜餅です。

享保2年(1717年)に

隅田川沿いにある長命寺で働く

山本新六が、散った桜の葉を

捨てるのがもったいないからと

桜の葉を塩漬けにして使用した

桜餅を寺の門前で売り始めた

ことが由来と言われています。

 

写真は、銀座三越の地下2Fに入っている

「銀座甘楽」の桜餅。

(だったと思う。。フェアの特設ブースで

買ったので記憶です。。。)

 

もちっとした皮がすごく

美味しかったです♪

もちろん控えめな甘さの

こしあんも◎。

桜餅を買う時は無条件に

道明寺を選ぶ方ですが、

この長命寺を知ってたら

こっちも選択肢に入れて

買ったのに~思ったほど

美味しかったです!!

 

 

f:id:miyo3:20170319233931j:plain

こちらは、関西風と言われている

道明寺です♪

もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした

道明寺粉であんを包んでいて、

つぶつぶ、もちっとした

食感の皮が特長です。

 

写真の桜餅は、こちらも三越銀座

地下2Fに出店している「たねや」

の桜餅。

一口でパクッと行けちゃう

サイズです。

こちらは桜の葉が硬めで

ちょっと主張が強すぎたかも。

もう少し葉が柔らかい方が

好みだったかもと思いました。。

あんや道明寺の皮は、

有名店のものだけあって

安っぽくなくて

美味しかったです♪

桜の葉はたまたまハズレだったのかな…。

↑ しつこい?!(笑)

 

 

▼銀座三越の店舗情報

住所  :東京都中央区銀座4-6-16

電話  :03-3562-1111

営業時間:午前10時30分~午後8時

 

桜餅フェアは今日もやっています!

特設コーナーでは、各店の桜餅が

一同に集まっていて、桜餅も

お店によって様ざまなことが分かって

見ているだけで楽しいですし、

その中から好みのものを選べるのも

楽しいです。

 

関東風、関西風で食べ比べてみても

いいですし、同じ関西風の中で

お店違いで食べ比べてみると

より自分の好みが分かって

良いのじゃないかなと思います。

 

▼銀座三越公式サイト

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html

 

 

最後に、桜餅味にちなんだ記事を

ピックアップしました!

よかったらあわせて読んでみてくださいね♪

 

www.oyatsu-time.biz

 

www.oyatsu-time.biz